画像

都市の未来を考える

 21世紀となった現在、多くの都市では、これまで進めてきた様々な事業によって20世紀に計画した街の骨格となる基盤施設は、概ね整備されたものと思われます。しかしながら、一方で、著しい情報化、少子高齢化の進展、市民の価値観の多様化などの変化を背景に、まちの再生が必要となっている地区やスポット的に残された基盤未整備箇所の存在、生活者の行動パターンの変化、高齢化に伴う諸問題の発生など、都市を取り巻く新たな課題も生じています。
 こうした新たな課題に対応していくためには、これまでのハード的な施設整備だけではなく、それをうまく活用していくソフト施策との連携、さらには、市民参画などを考慮した施策の展開プロセスも含めた提案が必要となっています。 当社では、創業以来培ってきたフットワーク、ネットワーク、デザインワークを活かして、皆さんと「都市の未来を考える」を実践して行きたいと思っています。
 
 代表取締役  後藤正明


最新情報&更新情報

2018.10.15 ホームページをリニューアルいたしました。